名古屋・大須 中古レコード/CDの高価買取ならレコードショップZOO

ZOO’s BLOG&NEWS NEWS&ブログ

2017.12.10

2017年BEST3ブログvol.5。

 

 

今日も2017年BEST3ブログです!
今回は12/29のZOOPARK2でレコ発でやって来てくれるSTARVINGMANのマーティくんをはじめ、かなりのミュージックラヴァーの3方の登場です!

 

 

本題の前に先にワンクリックご協力お願いします!

音楽Blogランキング参加中。ココを1クリックお願いします。

このクリックで買取りが増えて良い中古がたくさん入ってきて品揃えが良くなる予定なので皆様ご協力よろしくお願いします!

 

期間限定!ホームページ・リニューアル記念!買取UP中!上のバナーをクリックで申し込み出来ます。

新しいホームページはこちら

 

 

では

『アナタの2017年ベスト・ディスクTOP3教えてクダサイ!』

です。

 

 

 

第5回です。今回も3人の方にお願いしました!

 

 

1人目!

マーティ(STARVINGMAN、The Yesterdays)

 

3位


Lost Balloons / Hey Summer / CD/LP

NUMBER TWOうしくんのSNSで知ったLost Balloons。ファーストアルバムも良いけど、これ今年1番聴いたかも。メロディーが良すぎ。長く聴けるアルバム。イエスタデイズでカバーしたい。

 

 

 

2位


eastern youth / SONGentoJIYU / CD/LP

タイトルからすでにグッときてます。吉野さん曰く、このアルバムは個人的な尊厳と自由について歌われたものであって、啓発的な意味合いの歌は一切ないのです。とのことだけど、それを重々承知の上で、やはり吉野さんの声と言葉は、背筋をピンとさせてくれる。本当に頭が下がります。

 

 

 

1位


オオフジツボ / 輝の遠心 / CD

去年知りました。アコースティックギター、アコーディオン、フィドルの3人によるインストゥルメンタルバンド。ケルティック、アイリッシュを土台に様々な曲を和風に仕上げている。ライブは椅子のある所ばかりなのが玉にキズだけど、お酒飲みながら下手くそに踊りたくなる衝動に駆られるんです。

 

 

以上です。今年は友達の含め本当に良い作品が多かった気がします。
STARVINGMANもセカンドアルバム出しました。超自信作です。
ZOOで買ってくれたらラジオCD-Rと、カズーさんの笑顔が特典で付きます。
よろしくお願いします!

 

 

 

 

2人目!

SILBERSTYLEというバンドでボーカル、ギター、作詞作曲をやっておりますイトウショウと申します!
この度RECORDSHOP ZOOのボスKazooさんに仰せつかりまして、僭越ながら私の2017年にお世話になった作品ベスト3をセレクトさせていただきました!
今年はたくさん好きなアーティストが新作を発表してくれて嬉しかったです!

 

 

3位

Liam Gallagher / As You Were /  CD

OASISのあのギャラガー兄弟の弟リアムが、Beady Eyeを経てとうとう出した初のソロアルバム!
「どこ行っちゃうの?」と言いたくなるくらい奔放に自由を謳歌する兄ノエルのソロワークに対して、弟リアムが満を辞して出したこの作品は、初期オアシスを彷彿させる王道ミディアムナンバーの応酬!
でもその中にちゃっかりフォーキーなプローチや、ビートルズよろしくサイケデリアな要素まで、とにかく全方位から「お前らこれが欲しかったんだろ?」と言わんばかりにオアシスキッズの心をいじめてくる!ずるいぞ!
オアシス〜ビーディアイの系譜を踏襲しつつも大きな脱皮を遂げたオアシスファン待望の1枚。
https://www.youtube.com/watch?v=YdJc7-ZEuT0

 

 

 

2位

WEEZER / WEEZER(White Album) / CD

ウィーザーの2016年の新作(今年もまた新しいのが出てますが)、遅ればせながら2017年かなりお世話になりました!
これまでの青、緑、赤もそうですが、アルバムのタイトルがセルフタイトル(「WEEZER」)になっているにもかかわらず、ジャケットの色(今回だと白)から別称(「ホワイト」)で定着するのって何か良いですよね。
そんな今回のホワイトアルバム、今までどちらかというと内向的で素朴な印象だったウィーザーが「チャラ」くなったというか「ちゃっかりビルボードに照準合わせてきてるじゃん」という印象は時代のニーズなのか(それもそのはず今作のプロデューサーはPanic! at the DiscoやFall Out Boyを手がけたジェイク・シンクレア氏なのだ)、しかしちゃんとよく聴いてみるとウィーザー独特のメランコリックなユーモアや、ロックとポップの位相がズレた解釈が絶妙にクセになる名盤。
ロックが好きじゃない人も、「踊れる曲じゃなきゃ聴きません」みたいなこと言ってそうな人も、これなら問答無用で黙らせられるっていう1枚をウィーザーが作ってくれたぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=GMeu0ZubufU

 

 

1位

Shiggy Jr. / ALL ABOUT POP / CD

間違いなく2017年1番聞いたであろう1枚!
なんたって耳に心地いいメロディとサウンド、これこそがPOPSだと言わんばかりの王道感もいやらしさが全く、1曲目の「サマータイムラブ」で一瞬にして虜になりました!
ちなみにShiggy Jr.のメンバーは僕と同い年らしく、なるほどロックに人生を狂わされる前に誰もが必ず通るJ-POPという音楽のツボをここまで押さえられるとたまらないのは同年代の人ならわかるはず。
映画「トイストーリー3」的な「大人になっちまったなぁ」感が今の自分にグサリと来ました!
https://www.youtube.com/watch?v=-r5tLHTXhLg

 

 

 

最後に
いかがでしたでしょうか!
どれも王道ばかりですが、話が合いそうな人がいれば呑んで語り合いたいですネ。
もちろん選ぶに選びきれなかったので他の作品については自分のブログに書くとして。。。(ステマ)
第一印象が「話しかけづらい」や「気難しそう」でお馴染みの私ですが、2018年は「キャッチー」をモットーに心がけてまいりますので、是非ライブハウスなどで見かけたら声をかけてくれると嬉しいな!いや、僕から声かけに行くかも!?
ご精読ありがとうございました!良いお年を!

 

 

 

3人目!

サクマユウヘイ(LD&K/LONG PARTY RECORDS)

LD&KでCDの流通やりながらLONG PARTY RECORDSというデモ音源専門のオンラインショップもやってます。(https://longpartyrecords.com)
ロンパリナイトというコンプライアンス的にヤバいタイトルのイベントも細々とやらせて貰ってます。
過去に一度名古屋でやらせてもらった時、打ち上げ終わりで栄Party’zの外に出で騒いでいたらギャルから「キモいんだけど」と言われて怖かったことを覚えています。

 

3位

SPACE BOYS / Quartet (CD)
「メロディ」と「コーラス」が良いから「メロコア」
それをステージから言い続けて来たSPACE BOYSがを自身でそれを証明する2年振りの作品「Quartet」が完璧です!
3ピースバンドの良さを最大限に活かした音作りは流石です。グッドメロディとグッドコーラスは僕たちを気持ちいい所に連れて行ってくれます。
ギターとベースとドラム+オーディエンスのコーラスで =カルテット(四重奏)ってタイトルの意味付けも完璧ではないですか??

└SPACE BOYS – Made me fine day (MUSIC VIDEO)
https://www.youtube.com/watch?v=IEXNRGZpDuA

 

 

2位

SuiseiNoboAz / liquid rainbow (CD)
無敵のスリーピースから孤高のフォーピースに変貌したボアズの4年半ぶり4thがエグいんです。歳と活動を重ねるごとに鋭さとリリックの説得力が確実に増していくのがわかるんです。
最終的にめちゃくちゃ斬れる日本刀とかになるんだと思います。
このシーンの若手とかだとAgeFactoryとか好きな人には突き刺せると思います。
向井秀徳イズムを確実に継承しつつ、その中でボアズらしさが光る名盤です。

└SuiseiNoboAz – liquid rainbow (MUSIC VIDEO)
https://m.youtube.com/watch?feature=share&v=cqSFQxkyQKU

 

 

1位

HELLO HAWK / PERFECT GONE (CD)
僕らの町のスーパーチャンク、HELLO HAWKのアルバムとしては6年ぶりのフルアルバム!

6年ぶりアルバムでも気負うことなく僕らの望むHELLO HAWKがいるんですよね。これって凄く嬉しいことなんです。
「何でもない日常を音楽で輝かせようぜ」
ていうよりかは、
「そこにある日常を音楽で抱きしめようぜ」っていうイメージなんです。
優しいサウンドと全パートシンガロング出来る高揚感を持った「sun」が俺は好き。泣けます。

名古屋はZOOはもちろんですがstiffslackもあるからHELLO HAWK好きな人、多いイメージあるんですがどうなんでしょう。
ていうかこんなレビュー読んでるよりリリース元のtoosmellrecordsの愛のレビューを読んでください。みんなで「パーフェクトゴーン!」と叫びにライブに行きましょう。

└HELLO HAWK – Perfect gone (MUSIC VIDEO)
https://youtu.be/SmEKEYa7vME

 

ZOOがある名古屋は羨ましいです。東京支店が出来たらバイトで雇ってください。
あと、KAZOOさんに粗相してZOOを出禁くらって困ってる人はウチでCD買ってください!(https://longpartyrecords.com)

 

 

という3方でした!
編集しながら毎日思っていますが3者3様のベスト3があって、それぞれにバックグラウンドがあって
音楽って聞くだけじゃなくて、それにまつわるバックグラウンドも素晴らしいな、と思いマス!
引き続きご愛読よろしくお願いしマス!

 

 

レコードショップズー公式LINE!
LINEのアプリを立ち上げて1番右下(iphoneの場合)から
《その他》→《友だち追加》→《ID検索》で@recordshopzoo を友だちに追加してください。
※最初の@を入れないと出てこないので忘れずに!

 

◎Facebookもあります。PCでご覧の方のみ右側からのサイドバーで『いいね!』できるのでポチッとお願いします。

 

音楽Blogランキング参加中。ココを1クリックお願いします。

 

RECORDSHOP ZOO(レコードショップズー)ではCD,LP,EP,DVD,DJ機材,音楽雑誌…etc 高価買取中!
かんたんお見積もり&買取りフォームは
コチラ
。送料着払いで買取りできます!※枚数指定あり

 

RECORDSHOP ZOO(レコードショップ ズー)
〒460-0011 名古屋市中区大須2丁目30‐19 ミズノ第2ビル2F
営業時間 AM11:00~PM9:00 (金曜のみ深夜11:00まで営業)
定休日 年中無休
TEL:052-201-6272
HP: http://www.recordshopzoo.com
MAIL: info@recordshopzoo.com
※CD・レコード高価買取中!出張買取・宅配買取も対応OK!